HOME>アーカイブ>選ぶ際の秘訣をはじめ狭小地での解決策、そして活用法まで幅広く紹介
マンションの模型

業者探しで押さえておきたいこと

得意な工法や設計スタイルは各工務店やハウスメーカーで違うため、さいたま市で注文住宅を依頼する時は、各業者の特性を把握しておくことが肝心です。とくにハウスメーカーは自社規格の建材を中心に、ある程度用意されたプランを組み合わせて建築する傾向があるので、希望に沿う家作りに長けた業者を選ばねばなりません。それに対し、基本的に工務店は自社規格という建材的な縛りがないため、自由度は比較的高くなっています。ですが各社で対応可能な工法などが違いますから、工務店の場合はこの点をしっかり確認して選ぶ必要があります。そして何れの場合も、ヒアリングを丁寧に行ってくれる業者を選び、図面の書き直しも嫌な顔をせずに引き受けてくれる業者と契約しましょう。

土地が狭い時は設計のプロフェッショナルへ

ハウスメーカーや各工務店に頼めば注文住宅を引き受けてくれますが、もしも建築用に購入した土地が狭い場合は、設計事務所を利用するのがベターです。ここならハウスメーカーの規格に適さない狭小地でも、それに合わせて最適な家を設計してくれます。また、複雑な形をした敷地も設計事務所を活用した方が良いため、その場合でも声を掛けておきたい業者です。さいたま市には優れた設計事務所や設計室が数々揃っていますから、幾つかの所に相談して最適な業者に依頼しましょう。

自宅の建て替えでも効果を発揮する

注文住宅は土地を購入して住まいを新築するほか、老朽化した自宅の建て替えにも活用できます。しかも、活用次第では同じ敷地面積でも、建て替えることで家の中が広くなるケースもあるのです。例えば現在の家が木造軸組の場合、ツーバイフォー工法で建てれば、それも不可能ではありません。この工法は柱や梁を主軸に家屋を支える木造軸組と違い、壁や天井といった面材で家屋を支えるため、内部空間を生み出しやすいのです。そのためさいたま市で自宅を建て替える時は、工法に拘って注文住宅を利用すると良いでしょう。

広告募集中